マックカードの販売店はどこ?使い方は?

マックカードは、全国のマクドナルドで使える1枚500円の商品券で、大切な人へのプレゼントにも最適です。

デザインは「オーケストラ」、「ドライブ」、「カルテット」の3種類があります。

ところでマックカードは、どこで手に入れることができるのでしょうか?

今回の記事では、マックカードの販売店はどこで、使い方はどうすればいいのかについてご紹介していきます。

マックカードを大切な人へのプレゼントにしたいと考えている人は、是非参考にしてくださいね。

マックカードの販売店はどこ?

マックカードの販売店は、全国のマクドナルドの店頭やドライブスルーなどで常時販売をしています。ただし、マックカードは金券なので購入は現金のみで、クレカやポイントでの購入はできません。

食べ物を注文するときと同じように、「マックカードを◯枚ください」と伝えると、お店の奥からマックカードを◯枚出してきてくれますよ。

マックカードには専用封筒(無料)もあるので、専用封筒が必要な場合は店員さんに「専用封筒をいただけますか?」と、一声かけてください。ただし、専用封筒はありますが、熨斗(のし)付けやメッセージカード等はありません。

マクドナルドの公式サイトからメールを使って、マックカードを申し込むこともできるのですが、メールを使って注文する際の最低枚数は50枚からになります。

メールでの申し込みの詳細はこちら
http://w.mcdonalds.co.jp/shop/mccard/

その他には、ヤフオク!などオークションサイトや、メルカリなどのフリマアプリ、金券ショップでも購入可能です。

また、マクドナルドのツイッターキャンペーンで、マックカードが当たるかもしれないので、マクドナルドのツイッターアカウントをフォローしておくのもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

※米軍基地内店舗等、一部販売していない店舗もあります。
※店舗によっては、デザインが3種類そろっていない場合もあります。

最後に、マックカードの詳細を表にまとめました。

額面 500円
有効期限 有効期限はありません
お釣り もらえます
マックカードの購入 現金のみ

マックカードに有効期限はないので、期限を気にせず利用できるのは魅力的ですね。
500円未満のメニューを注文した場合は、お釣りをもらえます。
また、500円以上の注文の場合は差額を現金で支払うことができます。

マックカードの使い方

マックカードの使い方はとっても簡単で、現金や電子マネーで支払いする時と同じです。

マックカードの使い方の流れとしては、入店したら注文待ちの列の最後尾に並び、自分の番が来たら注文します。
会計の時にマックカードを現金の代わりに渡します。
商品を受け取ったら、席に座っておいしくいただきましょう♪

まとめ

今回の記事では、マックカードの販売店はどこで、使い方はどうすればいいのかについてご紹介してきました。

マックカードは一部の店舗を除く、全国のマクドナルドの店舗で購入することができます。
マックカードの使い方はとっても簡単で、現金や電子マネーで支払いする時と同じです。

今回の記事はこれで終わりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました